Travel

井田英夫展と日和山展望台

友人の個展「井田英夫展(新潟絵屋にて11/2〜11/10まで開催中)」に行ってきた。

井田さんとはボストンで偶然知り合い、それからの付き合いでかれこれ7年になるけど、帰国してからはなかなか会えない日が続いていて、久しぶりの再会だった。彼の絵は人柄がそのまま表現されていて、家族全員がファン。ちゃんとたくさんの作品を見るのは今回が初めてだったので、とても嬉しかった。

ホントね、自分は絵の事は良く分からないんだけど、井田さんと知り合ってからは絵を見る目が変わった気がする。音楽もそうなのかもしれないけど、その人となりというか、環境というか、やはりそういうのが作品に出てくるんだな、と。その「良い空気」の中にいるだけで、とてもリフレッシュできた。

そんな井田さんに教わって、約15年ぶりの新潟観光をしてみた。そして見れたのが、この景色。

動画「那須の四季」

3.11以降、事あれば福島が取り上げられているが、ここ那須という所は関東最北端にあり、すぐそこが福島なのにも関わらず、意外と3.11の影響について取り上げられる事は少ない。

震災から2年以上が経過し観光客は戻ってきたと言うものの、それでも土地や農作物の放射能による風評被害は、未だにかなり深刻な状況のようだ。実際にここに住む自分たちにとっては、業種的に直接の影響がなくても、結局は回り回ってくる。一方で、そんな状況でもやはり那須エリアには素晴らしい環境が数多くあり、そしてそれを本当の意味で知っている人にとっては、とても居心地の良い場所である事は確かだと思う。

正直な所、無意味な経済の活性化や観光客の増大というのは望まない。でも勘違いの風評被害というのもどうかと思うし、もっともっと那須を知ってもらいたいという気持ちはとても強い。

そんな折、友人の会社で持ち上がった「那須の紹介動画を作ろう」という企画を担当させてもらう事になり、才能豊かな地元の若手カメラマン、平山泰成氏に協力を依頼し、1つの作品が出来上がった。題名はストレートに「那須の四季」。

ドキュメンタリー - ユアン・マクレガー 大陸横断~バイクの旅

原題は"Long Way Round"、ユアン・マクレガーが俳優仲間で親友のチャーリー・ブアマンと共に敢行した、ロンドンからN.Y.までの大陸横断を追ったドキュメンタリー番組。カザフスタン、モンゴル、シベリア、カナダなどの広大なフィールドをBMWバイクで駆け抜ける、壮大な旅の物語となっている。

当初はKTMのバイクを候補に挙げていたが、出発直前になりKTMのコンサルにNoを突きつけられ、急遽BMWで行く事になる。旅の準備、国境越え、中央アジアの過酷な道なき道をトラブルまみれになりながら、しかし一歩一歩確実にゴールへ向かい進んで行く物語は、観ているものを飽きさせない。

ついつい放送禁止用語を連呼してしまうユアンや、毎回トラブルメーカーになってしまう同行カメラマン、チャーリーとプロデューサーのもめ事など、常に何かしらの問題があったりするが、それを全部吹き飛ばしてしまうような美しい景色や人との出会いも、旅を知る人間なら思わず「ニヤッ」としてしまうシーンが数多く収録されている。あまり内容を書きすぎるとネタバレになってしまうので、この辺で。

自分もいつか、こんな旅が出来たら最高だろうな。旅好き、バイク好きの方必見。

タイの交通事情

日本でも渋滞は多々起きるが、ここまでゴミゴミはしていないと思う。

Thailand

写真はタイの伊勢丹前の道路だが、この有り様。時間帯によってセンターラインが変わるのか、左の一車線のみが逆方向へ行っている。自分がこの渋滞に巻き込まれていると思うと、ちょっと気が遠くなる。

その他、家族で原チャリ四人乗りしていたり、道を逆走してみたりと、結構激しい。新旧入り混じるバスやトゥクトゥク、派手な色のタクシーや時折走っている高級車など、バラエティー豊かだ。

ただトゥクトゥクも含め2ストバイクが多いので、空気は結構汚れている。

 

タイのローカルフード

今回のタイでは、ローカルなレストランをメインに食べてる。昨日はCatfish(ナマズ)に挑戦した。

前にタイに来た時、どこぞのコギレイなレストランで食べた魚が泥臭くて食べれなかった記憶があったので、ちょっと怖かったんだけど、ここのナマズはホント美味しかった。

ナマズ

ちなみに左のがナマズ。テーブルの上に乗り切らないほど注文しても、凄く安い。とにかく安い。だって一品100円しないもんね。

途中、おすすめとの事で、タイ東北地方のスープを頼んだ。

謎の激ウマスープ
 

タイのジャズシーン

タイに来てる。

友人の紹介で、タイに4年程住んでいる方と知り合い、バンコクで有名なジャズライブハウス、Saxophone Pubに行ってきた。

Saxophone Pub

その日、偶然タイで有名なサックスプレイヤーの"Koh Mr. Saxman"が、途中から飛び入りで参加。それまではイマイチ煮え切らない演奏だったのだが、その人が入った途端、バンドが一気にグルーヴし始め、素晴 らしいソロを聴かせてくれた。ステージでの彼の表情もとても素敵で、偶然とはいえ、本当に良いプレイヤーに出会えた。

Koh Mr. Saxman

Yさん、素敵な場所を教えてくれてありがとう!

強盗

ニューアーク・リバティー国際空港内にあるマクドナルドにて。

降参

完全に降参してるよね、これ。
 

ニューヨークいろいろ

写真を撮り過ぎて、何がなんだか分からなくなっていたが、ようやくまとめられたので、いくつかご紹介。今回はとにかく天気に恵まれて、気持ちいい日が多かった。泊まっていたところからの景色も、こんな感じ。

Empire State Building

ちなみにまだ登った事はないので、次回はチャレンジしてみたい。

Guggenheim Museum

行こう行こうと思いつつ、なかなか行けずじまいだったグッゲンハイム美術館に行ってきた。

フランク・ロイド・ライトの個性的なデザインの建物。この螺旋状になっている周りがスロープになっていて、上り下りしながら作品を見る事ができる。所々に横への抜け道があって、そこにはまた別の作家の作品が展示してある。

内部にて下から上を見上げたところ。

色々見て回って、結局足が止まったのはピカソの絵だった。やっぱり好きなんだろうなと思いつつ歩いていると、何か見た事がある人に遭遇した。よく見てみると、何とMaria Schneiderじゃないか!

こないだライブを見たばかりだと言うのに、こういう再会の仕方って、さすがニューヨーク。

宇都宮城

先日のライブの後、散歩がてら宇都宮城を見てきた。そもそも宇都宮に城があること自体初めて知ったのだが、たまたま天気も良く、こんな景色だった。

 宇都宮城

ここには災害時の避難場所だけでなく、非常用の食料を備蓄しているらしい。

Pages

Subscribe to RSS - Travel