Good bye Boston

荷物も無事送り返し、延べ2年のボストン生活もとうとう終わった。

今思い返せば、本当に濃い2年だった。入学したての頃が、遥か昔の事のよう。その間、本当にたくさんの事を学び、本当にたくさんの人と出会い、別れ て、何物にも代え難いとても貴重な経験ができた。それをできたのも、陰ながら自分をサポートしてくれた人たちのお陰です、本当にありがとう!

正直、ここまで来れるとは思わなかった。そしてその貴重な経験を共に出来たバークリーの友人、卒業生、素晴らしい先生たち、いつも優しいStore 24のおっちゃん、必ずカップに"Sedo"と書くスタバのお姉さん、そして学校外の素敵な人達へ、心からありがとう。

これからがまた、新たなスタート。やっと出発地点に立ったって感じ。今はただ、この学校で得た事をフルに活かして、一人でも多くの人に音楽を聴いてもらいたい。日本の皆さん、バンドメンバーの皆、ご協力また宜しくお願いします!ギャラ安いですが。

みんな一人一人、自分にとってかけがえのない、本当に大事な人です。
またいつか会える日を、楽しみにしています。そしてまたいつか会えた日には、お互い素敵なミュージシャンになっている事を願っています。

あと数時間後には飛行場だ。
何と、見送りに100人も来てくれるみたい。

うそ。

冗談はさておき、またいつかこの国に一音楽家として戻ってこれたらいいなと願っています。それまで日々精進あるのみ。

何かあんまりまとまりの無い文章になってしまったけど、今はとにかく感謝の気持ちでいっぱい。これを読んでるボストンの皆さん、くれぐれも体に気を つけて、この貴重な時間を悔いのないよう頑張って下さい。そして日本にいる皆さん、これから色々とお世話になりますが、どうぞ宜しくお願いします。

ありがとう、そしてまた会える日までさようなら。

Snowing Rail