Drama - Lie to me

ここ最近、レンタルビデオ店には随分ご無沙汰だ。

なぜかって、そう感じている人も多いと思うが、最近の映画はどれもこれも本気でつまらないものばかりだからだ。何度か期待して借りてはみるものの、ある意味で期待を裏切らない。自分の中で外しが少ないと思っている俳優、例えばマット・デイモンなんかも、最近ではパッとしない。

そんなこんなで、何か面白いものはないかと探していたら、やはりあった。

Lie to me

ライ・トゥー・ミー。

レザボアドッグス以来ファンになったティム・ロスが主演の海外ドラマ。最初見た時は「映画俳優がドラマ? ハリウッドも大変だから俳優も色々しなきゃダメなのかね」なんて思って軽い気持ちで見てみたら、それがまぁすっかりのめり込んでしまった。

内容を簡単に説明すると、科学的に人間の表情を読み取り、ウソを発見しながら様々な問題を解決するという話なんだけど、登場人物も粒立ってテンポも良く、どんどんと世界に引き込まれて行く。

シナリオも素晴らしく、ただ表情を読むというそれだけの中に色々なストーリがあり、毎回楽しませてくれる。オムニバスになっているのに次が早くみたいというのは、作者の自信の現れなのかな。

現在シーズン3がCS FOXで毎週放映中で、今シーズンでファイナルとなる。自分もこのへんでスッキリと終わらせた方がよいと、最近の人気海外ドラマを見ていると思う。ダラダラとネタもないのに、人気があるうちは取れるだけ取れ的な作品が多い中、素敵な決断だと思う。

この作品も最後はどうなるかまだ分からないけど、楽しみにしている。グダグダで終わるかもしれないしね、その辺も含めて。

ともかく最近のモノではお薦めの作品なので、お時間がある方はぜひ楽しんでみて下さい。