KTM 990 SMTというバイク

バイク乗りには最高の季節、家の回りにも気持ち良さそうにバイクで走る姿を目にし、そんな中で自分のKL250は半年以上も入院から帰ってきていない。そんな悶々とする日々で、先日ちょっと足を伸ばしてKTMの試乗会に行ってきた。お目当てのバイクは、KTM 990 Supermoto Tというモデル。

KTM 990 SMT

ハッキリ言うと、今まで「この手」のバイクは全く眼中になかった。見た目も好みではなかったし、ハーレーで北は北海道、南は九州まで旅をした経験から、いずれはまたハーレーをと考えていた。当時所有していたファットボーイは、出たてのツインカム88Bエンジン。バランサーのお陰で振動も抑えられ、スムースでそこそこパワーもあった。しかし、ワクワク度で言えばそれ以前に乗っていたスポーツスターの方が格段に楽しかった。その92年式のスポーツスターはオイルは漏れるし振動は激しいけど、それでも色んな所へ 出かけたくなる、そんな素敵なバイクだった。いつからかすっかり忘れていた、そういう旅ができるバイクをまた欲しくなってきてしまった。

基本的に乗っていて楽しくないバイクで長距離を走ると、それはただの移動作業になってしまい、長時間ひらすら苦痛を味わう事になる。そういう事を幾度も経験しているので、どうせ乗るならやはり気持ちが良いバイクがいい。そしてエンジンは空冷ツインがいい。ではなぜこのバイクに行き着いたのか。

今はどんなバイクがあるのだろうかとネットで調べてみると、ほとんどのモデルがインジェクションを採用している事に驚いた。バイクはキャブが当たり前だと思っていた(これでいかにブランクがあるかが分かってもらえるかと)。

バイク=機械。そういう固定概念が頭にこびりついているので、どうしてもインジェクションには馴染めなかった。トライアンフのT595というバイクにも2年ほど乗っていたが、エンジンの「味」というか、何かが物足りなかった。そのかわりパワーは130psもあったけど、ハッキリ言って全開にしたのは数えられる程度だった。全開にすると脳みそがクラクラした。もちろん楽しいバイクなんだけど、結局気合い入れて乗らなきゃいけないので公道だとしんどくなる。

その後もトラのボンネビル、ドカティSS1000DS、ハヤブサ、ビューエルなどを試乗した。ボンネは自分にとっては大人しすぎ、ドカは乗りづらすぎ、ハヤブサは1速だけで十分(ちなみにどのバイクも自分は好きだ)。で、唯一楽しかったバイクがビューエルだったので、自分にはきっとハーレーのエンジンが性に合ってるのだろうと思っていた。ところが昨今のあまりのハーレーの多さに、「ハーレーをまた」という気持ちは次第に薄れてしまった。

そんな中、次に興味が出たのがBMW。以前叔父がR100GSパリダカに乗っていて、それを借りて遠出をした時の事を思い出した。福島の会津をグルッと、大体300km程度のタンデムツーリングだったのだが、これがまた全然疲れないバイクなのだ。よく「BMは疲れないよ」とは聞いていたものの、ここまで楽チンだったとは想像できなかった。ツーリングから帰って来ても、まだまだ余裕で走れる余力が残っていた。当時はBMと聞けば「おっさん臭いなぁ」と思って敬遠していたが、まさか自分が興味が出てくるとは思いもしなかった。

BMW Motorradのサイトを覗いてみる。が、興味があるモデルはなかった。何がどうしてこうなったのというバイクばかりで、しかも高い。ハーレーも無駄に高いが、BMWも負けずに高い。そして何より、ディーラーでしかメンテできない事が多すぎだ。これはDucatiにも言えるが。

そこで古いモデルのBMWを探すと、R100というモデルに辿り着いた。その中でもリトモ・セレーノがカスタムしたモデルにグッときた。そこからフラットツインを調べまくる日々が続き、海外にもたくさんセンスのいいカスタム車が数多くある事を知った。今の暮らし方だと多少でこぼこ道を走るので、オフ車のR100GSをベースとしたR100Rが第一候補になった。奇しくも叔父と同じ系統のバイクだ。

そこでふと、R100GSで走った時の事を思い出した。独特のクセはあるけど快適だし、コーナーは安定してるし、申し分ない良いバイクなんだろうけど、ワクワクしなかったのだ。理由を聞かれても具体的にどうだとは答えられないけど、ただ、ワクワクしなかった。きっと、もっと年をとったら良さが分かるのかもしれない。でも今の自分には、BMWはまだ早い気がした。

Ducati Monster S2R1000も候補に上がったが、乾クラ(個人的には好きだけど)とタイミングベルトを交換するサイクルが短い、エンジンの耐久性などを考えて今はパス。ないとは思うが、セカンドバイクを持てる立場になったらぜひ乗ってみたいけどね。

と、そんな風に行き詰まったので、もう一度自分の中での条件を見直してみた。

1. 空冷ツインエンジン(キャブ)
2. そこそこパワーがある
3. タンデムが楽
4. そこそこ荷物を積める
4. シビアなメンテナンスをしょっちゅう要求されない
5. 多少のでこぼこ道を走れる背の高さ
6. 乗っていてワクワクできる

で、この条件で探すんだけど当てはまるバイクが見つからない。ボンネかスクランブラーがそうかもしれないが、今の自分には少しパワーが物足りない。仕方がないのでキャブを諦めてみてみたものの、これといったバイクはなかった。そこで、今まで頭になかった「空冷」というキーワードを外してみた。そしてようやく目にしたのがKTMだった。

KTMの存在は知っていたが、パリダカ11連勝とかオフロードのイメージが先攻していた。ところが調べてみると、オンロードモデルも色々と面白いラインナップがある。そしてその中に、自分の条件に近いバイクを見つけた。それがKTM 990 SM Tというモデルだ。いわゆるデュアルパーパスとよばれる部類になるのか、YAMAHAのTDMから始まった流れにあるバイクには、この記事の最初に書いた通り今まで見向きもしなかった。基本的にカウル付きのバイクにも腰高のバイクにも興味がなかった。ところがこの990 SMTにはハーフカウルも付いているし、腰高だ。

それがなぜか、かっこ良く見えてきてしまったのだ。

日に日に興味が深まり、試乗できないかを探す。バイクはカタログスペックでは分からないからね。と、そこでさほど遠くない場所でKTMの試乗会があるとの事で、行く事にした。

KTM 990 SMT 試乗

さっそくお目当ての990 SMTに試乗させてもらった。去年乗馬する機会があって何度か馬に乗ったが、そのイメージにとても似ていた。そう、とても馬っぽいバイク。

跨がっている所やポジション、バイクの曲線も何となく馬っぽい。ハーレーとは違う馬っぽさは、今までに感じた事のないツインの、とても心地よいもの。それでいていざスロットルを開けると、一気に地面を蹴り猛烈な加速をする。駐車場での試乗だったので細かい旋回が多く、車体の取り回しに気を使ったが、このバイクにはとても「ワクワク」した。ちょっと最新のバイクを勘違いしていたかもしれないと、乗ってみてそう思った。

余計な機能やパーツや機能が付いていないのも、好印象。シンプルなのが好きで、それで空冷やノンカウルが好きだったのだが、このバイクなら許せてしまう。Ready to Raceというコンセプトにありながら、長距離ツーリングでの様々なシチュエーションに対応する足回り、パワフルなエンジン、軽量な車体、そして耐久性と、多くの欲求をハイレベルで満たしてくれる、そんなマシン。試乗ではとても乗りこなせたものではなかったが、これは長く付き合えるバイクだと直感でそう思えた。

KTM Super Duke

ついでに990 Super Duke Rにも試乗。先ほどのSMTとは異なりとてもコンパクトで軽量、細かい旋回も楽だった。跨がった感じは中型バイクの様だが、もちろんエンジンはまるで違う。SMTもSuper Dukeも、試乗するならもう少し広い所の方が色々分かるかもしれない。

125 Duke

今回の広さだと125 Dukeが一番楽しめた。しかもアクラポビッチ付きで、結構なサウンドを出していた。

全くノーマークだったKTMというメーカーは、良い仕事をしているなと感じた。車もバイクもニューモデルに魅力がない中、久々に良いものに出会えた気がした。SMT、これで日本中を旅してみたいね。ホントに久しく忘れていたバイク熱を、呼び覚ましてくれた。

 

といっても、買う金ないけどね。頑張って貯めよう。