また試乗会へ

たまたま近所のサーキットで色々なバイクの試乗会があるのを知ったので、参加してみた。何せバイクが長期入院中なので、ちょい乗りだけでも気分が紛れる。

今回の試乗会に用意されていたのは、様々なメーカーから17車種で、狭めのサーキットを2週できる。人気の車種はたくさんの待ちがあるので、不人気のものを片っ端から乗る事にした。

レビューというほど大したものは書けないが、以下は今回乗ったバイクの、あくまで「個人的な」感想。

BMW R100R

1. BMW R100R '92

つい先日の記事にも書いたが、まさかこんな所で乗れるとは思わなかった。で、期待に胸を膨らませて乗ってみたのだが、結果は「?」という感じ。これが経年劣化というものだろうか、あらゆる動きが重いし、渋い。もともと軽いバイクではないが、そういった車体の重さではない重たさ が、ずっと付きまとっていた。きっと整備すれば改善されるだろうが、この状態で走っていては幸せにはなれない。アクセルも重かったしね(せめてここぐらいは整備しておいて欲しかった)。コーナーでは、タイヤがタイヤなだけに軽くズリズリと滑っていたが、抜群の安心感はさすがBMWといった所か。でもやはり何か物足りない。きっと当時から乗り続けていたら、愛着が湧いて走っていても楽しいのかもしれないが、今あえて購入するとなると、この半端さがひっかかる。エンジンもスタイルも好きなんだけどなぁ、やはり期待しすぎてはいけないようだ。

2. Ducati Monster 900 '02

初のモンスターにワクワクしながら跨がる。ん〜、この壊れそうなドカサウンド、たまりません。乾クラのジャラジャラという音とデスモのメカノイズが、否が応にも乗り手をワクワクさせる。ポジションは調整されてて、とても乗りやすい。コーナーも軽い車体でスイスイと曲がるし、アクセルをひねれば気持ちよく加速していく。ただ絶対的なパワーは今のバイクには敵わないから、このテイストが好きでなければ物足りないかも。しかしこのサウンド、長距離はちょっとしんどそうだ。峠やサーキット、近距離ツーリングだと、きっと楽しいバイクだと思う。

HONDA NC700X

3. HONDA NC700X '12

燃費が40km/L前後で50馬力の水冷ツインエンジン。跨がると、そこには嫌いな電子式メーターが。エンジンをスタートさせると、とてもツインとは思えないほど振動はほとんど感じない。走ってもまるでモーターの様にスムースなので、マルチじゃないの?と思うほど。でもね、乗っててひとっつも楽しくない。何だろう、この何にも感じないのは。色々研究して進歩した結果なんだろうけど、可もなく不可もなくという感じ。もしくは自分が古い人間で何も感じないのか? さらにガソリンタンクはリアシートの下なので、荷物を積載してると給油時にいちいち降ろさなければならない。ツーリングでいちいちそんな事してられない。こういうタイプのバイクって長距離も移動できるだろうから、何を意図してそんな事したのか分からない。これが今のホンダのバイクなんだろうか。

HONDA INTEGRA

4. HONDA INTEGRA '12

先ほどの疑問が確信に変わった一台。「ホンダはこんなスゴい事ができます!」と訴えられるが、「はぁ、そうですか」となってしまう。デュアルクラッチを採用し、ATモードとMTモードの切替が可能。MTといっても「シフトアップ/ダウン」スイッチで変えるだけで、最初は楽しくてガチャガチャいじっているが、結局スクーターポジションなので面倒になってATにしてしまう。それでいてコーナーの途中で勝手に変速されたり、思ったようにコントロールできない。「いやいや、このコーナーはこの速度で走らなきゃ」とバイクに指示されているようだ。またフロントカウル周辺のデザインは、VFR1200Fを流用した感が否めない。結局この669ccのビッグスクーターで、これだけのテクノロジーをどう活用するのか、全く見当がつかない。先のバイクも含め、ホンダは「これからはこういうスタイルで遊びましょう」と提案しているのか? 自分はアンチホンダではないが、ハッキリ言ってこんなんじゃ楽しくない。

YAMAHA TMAX 530

5. YAMAHA TMAX 530 '12

きっと単にビッグスクーターが楽しくないんだろうと、続けてヤマハのTMAXに乗ってみた。そうすると、先ほどのインテグラとは全然違う事に驚いた。これは530ccでインテグラとは約140ccの差があるにもかかわらず、こちらの方がパワフルに感じる。ギアや乗り味の違いだと思うが、これはとてもワクワクするバイクだ。「オートマチックで、走りのエキサイトメントを堪能する」とヤマハのサイトにあるコピーは、まさにその通り。これならワインディングも楽しく運転できる。具体的に何が違うと口で説明する事はできないが、バイク乗りの気持ちを良く分かった設計がされているんだろうなと、つくづく感心してしまった。先ほどのインテグラが約80万円、こちらが約95万円、その差15万円の理由はここにあるのかもしれない。

 

続く