KL250復活

オーバーフローを起こしたので修理を依頼し、半年間の入院期間を経てようやくKL250が帰ってきた。

Kawasaki KL250 with Hunter Cub
(ちなみに写真の後ろはハンターカブ)

なぜ半年もかかったかというと、とにかく「部品がない」ためだ。この車両の年式は不明だが、おそらく30年ほど前のものだろう。何せパーツがないから、あれやこれやと合いそうなものを片っ端から集めて頂いて、ようやく直った次第だ。

以前はアクセルをパーシャルにすると、一定の回転域だとガクガクしていたが、その辺りも今回の修理で改善された。パワーも何となく全体的にモリモリした感じだ。以前より乗っていて楽しさがアップしている。近所の足にして慣れてきたら、少し遠くへも行ってみようと思っている。

修理のついでに、最近のFI(フューエルインジェクション)車は壊れるのかと聞いてみたのだが、やはりそれはそれで壊れるらしい。ただキャブと違うのは、原因特定が出来ない事が多く、大抵はごっそり丸ごと交換修理というのが一般的だそうだ。自分がFIを避けていた理由は、まさにそれだ。実際の現場の話を聞くと、あぁ、やはりそうなのねと思ってしまう。

何にせよ機械はいずれ壊れるものだと分かっているのだが、パソコンや携帯をはじめ、最近のモノの修理というのは基本「全取っ替え」というのがいまいち馴染めない。コンピューターが複雑に処理しているから、その原因を探して壊れた箇所だけ修理するコストを考えると、新品を使った方がどうしても安くなるのは分かる。

でもさ、原因不明だから捨てて新しいのにしなって、ものすごい乱暴な発想だよね。いつまでもそうできればいいけど。

このバイクは30年以上経った今も、金属とゴムのパーツを交換すればこのように元気いっぱいに走るんだ。