枯葉マークにご用心

新年早々こんな事は書きたくないのだが、ここ最近、立て続けに危ない目に遭ったので書かせてもらう。

横道からの無停止飛出しが一件と、もう一件は赤信号時、矢印で三方向進めの状態で赤信号と勘違いした前の車が急停車をした。後ろから突っ込まれるのでクラクションを鳴らした所、何と逆切れされてしまった。もちろん両方枯葉マーク。

高齢化社会になりつつある今、そういったドライバーが増えてくるのは分かりきった事だが、最近はちょっと目に余るものがある。信号無視で交差点に突っ込んでくる(信号の存在に気づいてない)のなんて何回も見ているし、逆走もそうだ。こっちがいくら気をつけていても、これではいつかやられそうな気がしてならない。

車がなければ生活できないというのは、地方なら当たり前なのかもしれないが、そもそもそういう社会にしてしまったのは、彼らの世代ではないだろうか? こんな高齢化が訪れる事など考えもせずに、高度経済成長万歳で躍進してきたのだから仕方ないのだろう、では済まされない。さんざんマネーの為に環境を壊しまくり、消費しまくった挙げ句の今ではないのか? そのツケを払うのは、我々の世代なんだよ。

我々の世代は、年金は支払う額よりもらう額が少ないなどという、ありえない将来が待っている。そんな中、日々頑張っている若者が、耄碌の車に突っ込まれたらたまったもんじゃない。誰が見たって危ない運転してる老人がゴロゴロしてるんだから身内が止めてやれよ、もう運転するなって。必要なら送り迎えしろって。誰もいなきゃ公共の交通機関だってあるんだよ。

地方でもそういう状況を見越して、結構細かい路線で小型のバスが走っているのだが、利用者はあまり見た事がないんだよね。時間を待ったり、バス停まで行くのが面倒なのか、結局自分の車で行っちゃえって事なんだろう。でもさ、それで事故を起こしたらどうするつもりなのかな?

ちょっと微笑ましいのだが、先日すれ違うタクシーの乗客を見たら、高齢者がギュウギュウ詰めで相乗りしていた(何人乗っていたかは書きません)。恐らく買い物とか何かの用事を一緒に済ませようと、近所で一緒に合わせたのだろうけど、そういう様にだってできるんだ。

はっきり書いておくけど、初心者マークより余程危ないからね、枯葉マークは。何てったって自覚がないんだから、自分は危ないんだって事の(もちろん全員ではありませんよ)。初心者は自分が初心者だって自覚してるから、色々気をつけている。だが枯葉マークは今までの長年の経験があるから、その辺の意識が薄いのかもしれない。まだ自分は大丈夫なんだって。それが一番怖いんだよね。

そして何より、この辺の街で見かける枯葉マークの車からうける印象は、「私は高齢者です。気をつけて運転していますが、時に危ない時もあるかもしれませんのでご注意下さいね」というのではなく、「私は高齢者なんだから譲りなさい、労りなさい。」という感じがしてならないのは、気のせいだろうか。

ここ最近枯葉マークのやばい運転を見る機会が異常に増えてきたので、あえてこんな書き方をさせてもらったが、もちろん全ての高齢者ドライバーがそういった事ではないという事を、ここでお断りさせて頂きたい。しかし今後も増え続ける高齢化社会では、より一層、運転に注意が必要になる事は間違いないと思う。事故をもらってからでは遅いからね。

皆さんも、どうか安全運転で。そしてご高齢の方へ、「もう運転ヤバいかも」と少しでもお感じになられたら、どうぞ運転はお控え下さい。