Motors

Volkswagen Amarok

ピックアップトラックを調べていたら、フォルクスワーゲンのアマロックという車が2010年から発売されていたようだ。

そのデザインやスペックの素晴らしさに感動した。ディーゼルエンジンの2.0TDIツインターボは最大出力163ps、最大トルク40.8kgm、欧州複合モード燃費は12.82km/Lと、必要にして十分(シングルターボ版は最大出力122ps、最大トルク34.7kgm)。最近のワーゲンは本当に良い仕事をすると、つくづく感心した。

日本の道路事情に合わないのか、一時の人気がなくなり売れなくなったから作らないのか、今現在では国産のピックアップトラックを新車で購入するのは三菱トライトンを除いて不可能だ。その中で、海外ではその実用性の高さから、ピックアップトラックは相変わらず人気がある。ゆえに各メーカーからは続々とニューモデルが発表されているが、日本でのそれは軽トラになってしまう。

だが軽トラでは2人しか乗れないし、長距離移動には向いていない。汚れたものなどを気兼ねせずに放り込める荷台があり、かつ車内も快適なピックアップトラックの利用価値を考えると、日本のメーカーもまだ頑張れるのではないだろうか? もちろん海外向けに現在もハイラックスなどは販売されているが、国内向けにも、この手の車にはまだまだニーズがあると思う。

バイクゲット

ここしばらく、もう何年経ったか分からないが、随分とバイクにご無沙汰していた。

が、ついに先日、バイクを手に入れた。カワサキのKL250というバイクで、恐らく30年前後前の代物。元々カブか何かを探していたところ、偶然ゲットする事ができた。

ちなみに、自分が初めて乗ったバイクがカワサキのGPZ400Rというもので、初代85年式のもの、恐らくそれより前のものと思われる。KL250の発売開始は78年だからね。

[flickr-photo:id=6007909319,size=-]

このデザイン、どうだろう。今では決して作る事のできない、何とも惹かれる素晴らしいデザイン。実際乗ってみると、キック一発でエンジンはかかるし、街乗りでも十分すぎるほどのパワーがある。また250ccなので、車体も軽く、取り回しが楽。今のライフスタイルの足にするには最適だ。

もちろん諸々直していかなければいけないだろうが、ちょこっとずつ、気長に付き合っていこうかと思う。

ページ

Subscribe to RSS - Motors